002

Wii Uの独自性はタブレットの進化で失われてしまった ― 宮本氏が語る | インサイド
「タブレットが市場に出現してからの進化は恐ろしく早く、Wii Uがロンチを迎えるころには開発開始当初のような独自性が失われてしまった」と振り返る宮本氏は、「任天堂はは常に独自性を求め、他とは違うことをやろうとしている。 時にはそれが成功し、時には予想しているような結果にならないこともある」とコメントしています

手軽にネット上の情報や動画などにアクセスできる「筋の良いアイデア」を目指していたWii Uですが、スマートデバイスに完全敗北したことを認めたようです。

ただし、XBoxやPSでもタブレットと連携した2画面プレイ機能が可能ではありますがユーザーに受け入れられずにすぐに廃れたしまったことを考えると、追いつかれたのではなくそもそも2画面プレイに魅力がなかったと言うのが適切ではないでしょうか。

2016年に発表予定の次期ハード「コードNX」では、低性能ハードに奇をてらったビックリドッキリメカをくっつけて差別化するのではなく、ユーザーのゲーム体験の向上にフォーカスした真っ向勝負を挑んで欲しいものです。