jpg



泉水敬氏が日本マイクロソフトを退職 - ファミ通.com

長きにわたって日本のXbox事業を取り仕切ってきた泉水敬氏が、2015年7月14日付けをもって日本マイクロソフトを退職したことが明らかとなった。

 泉水敬氏は、2002年にマイクロソフトに入社。2006年4月の執行役 ホーム&エンターテイメント担当 Xbox 事業本部長(当時)就任以降、日本のXbox事業部のトップとして、日本での展開を統括。その後、昨年2014年11月28日付けで、執行役 インタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャーを退任し、インタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャーとして、マイクロソフト米国本社組織所属となっていた。

日本のXBox事業の顔とも言える泉水氏が既に日本マイクロソフトを退職されていたことが明らかになりました。長い間お疲れ様でした。

MS本社はハードウェア部門の大規模なリストラを行うことを発表しており、XBox事業でも担当者がレイオフされるなどの影響が観測されていましたので、おそらくはその一貫なのでしょうか。

マイクロソフトが7800人削減、ノキア事業で76億ドル評価損計上へ | Reuters
[8日 ロイター] - 米マイクロソフトは8日、7800人を削減するとともに、2014年に買収したノキアの携帯端末事業に絡み約76億ドルの評価損を計上すると明らかにした。

削減の大部分は電話関連のハードウェア部門で、ハードウエアから中核のソフトウエア事業へと軸足を移す同社の戦略が鮮明となった。

東京ゲームショウへの不参加を発表したばかりでもありますし、日本のXBox事業の将来が心配です。