1766092_0

ソニーの2015年1Q(4ー6月期)の決算資料により、PS4の累計出荷台数が2530万台に達したことが明らかになりました。

2015年度 第1四半期連結業績概要 
c40b484df833fcb69d38d80f0dc62c56

PS4発売以来の推移は以下の通り。
13年度Q3 450万台
13年度Q4 300万台 13年度計750万台
14年度Q1 270万台
14年度Q2 330万台
14年度Q3 640万台
14年度Q4 240万台 14年度計1480万台
15年度Q1 300万台
累計2530万台

同じ7四半期経過した時点でのPS2の累計販売台数は1957万台PS3は1441万台ですので、PS4はPS2を超えるPS史上最速での普及ペースとなっています。

同時期に発売されたXBox Oneの累計販売台数は、MSからの公式発表が無いので詳細が不明ですが、1300万台程度と推定されているようです。初期のPS3よりちょっと下ぐらい。
1年先行したWii Uは11四半期累計で1002万台と販売不振に陥っています。なお、同時期のPS3は2401万台でした。

また、PS4は年度末の2016年3月までにさらに1350万台積み増し、累計3880万台に達する見込みとなっています。
da9f39270ea70b1cbb1342d2f6884bf3

今後も以下のようないくつものブースト要素が用意されていますので、これまで以上に販売台数が伸びることが予想されます。
・温存中のアンチャーテッドやGT、GOWといったファーストタイトルの一軍クラスの投入
・E3でも大きな話題を集めたトリコやHorizonといった大型新規IP
・FF15、FF7、KH3、ドラクエ、ペルソナなどのキラータイトル
・中東や中国、アジア市場の成長
・Morpheus発売
・本体値下げ

2年後には6000万台、4年後あたりには1億台に届いていても不思議ではないかもしれません。