ダウンロード (1)

コエテクの新社長でもある鯉沼プロデューサーが、今冬発売予定のPS4/PS3/Vita『進撃の巨人』のゲームシステムや開発の進捗度などについて語っています。

・「無双」でも「狩りゲー」でもない
・基本的には原作を追体験するストーリードリブン形式
・作者の要望も反映
・PS4ベースで開発
・立体機動は妥協せずに作り込んでる
といった話がでているようです。

電撃 - 『進撃の巨人』新作ゲームは“無双”でも“狩り”でもない。鯉沼プロデューサーにインタビュー!【gamescom2015】
――今回、『進撃の巨人』のゲームを制作することになった経緯について教えてください。

 原作を読んでいて“立体機動を使って自由に動ける”ゲームをプレイしてみたいと思ったのがキッカケです。そして講談社さんや原作者の諫山先生にこの企画を提案したところ快諾していただき、2013年の年末から去年の1月、2月頃に始まったプロジェクトになります。提案時に先方が気にされていたのが、いわゆる“無双ゲー”にはしないでほしい、ということでした。
――『無双』のようなゲーム性ではないとすると、人間対巨人=多対一というマルチプレイアクションのような形になるのでしょうか。

 いわゆる“狩ゲー”とはちょっと違う形になると思います。私は基本的に、しっかりとした原作があるゲームの場合、原作ストーリーをなぞったほうがいいと考えています。原作を追体験するなかで“仲間との共闘”や“仲間の犠牲”は欠かせない要素なので、これらの要素が組み合わさったアクションゲームになると思います。

 また、諫山先生はゲームがお好きで、「こんなゲームにしてほしいと」いう意見もいただけたので、そのあたりも盛り込んでいます。
――機種はPS4、PS3、PS Vitaというマルチタイトルになっていますが、ベースはPS4と考えてよろしいのでしょうか。

 そうですね。今まではPS3を軸にして、PS4をブラッシュアップ版、PS Vitaは携帯機でPS3レベルのものが遊べる、といった形で行っていましたが、今回はPS4が基本となります。理想はPS4で遊んでいただきたいですが、PS3とPS Vitaでもちゃんと遊べるモノにしていきます
――立体機動の爽快感は期待度が高いだけに大変そうです。

 『進撃の巨人』をゲーム化するにあたって、そこは絶対に外せないポイントですよね。“いかに気持ちよく立体機動を使って動けるか”、そして“いかに気持ちよく巨人に対してワイヤーを使いながら戦えるか”、ここだけは妥協せずに作り込みをしています。

立体機動に対する高い期待もしっかりと理解して力を入れてくれているようですし、作者やファンも納得のいくものに仕上がるといいですね。