24

3DS向けに発売されていた『ポケとる』のスマホへの移植版が8月24日よりiOS/Android向けに配信されました。

『ポケとる スマホ版』配信開始!『ポケモン』シリーズ初の本格的アプリ | インサイド
株式会社ポケモンは、iOS/Androidアプリ『ポケとる スマホ版』の配信を開始しました。
『ポケとる スマホ版』は、ニンテンドー3DSの無料パズルゲーム『ポケとる』のアプリバージョンで、『ポケットモンスター』シリーズとしては初の本格的なスマートフォン向けゲームアプリです。
 
 

数ヶ月前には「ゲーム専用機タイトルのスマホへの移植は一切行わない」と明言していた気もしますが、任天堂本社ではなく、連結対象ではあるけれど子会社の株ポケのやることだからセーフだというスタンスなのでしょうか。

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表
岩田:
一方で、IPが同じであるからといって、ゲーム専用機向けのタイトルをそのままスマートデバイスに移植することはしません。ゲーム専用機のコントローラーと、スマートデバイスのタッチスクリーンは、操作の特性、強み、弱みが大きく違いますから、ゲーム専用機の過去タイトルを単純にスマートデバイスに移植することは、一切予定していません。最高のプレイ体験をお届けできないのであれば、任天堂IPの価値に傷が付くだけにしかならないと考えているためです。
これからの開発について申し上げれば、ゲーム専用機にはゲーム専用機向けのタイトルをこれまで通りしっかり開発し、スマートデバイス向けには、同じIPを活用するとしても、スマートデバイスのプレイスタイルに合わせた、全く別のゲームをつくることになります。

そもそも、「高い価値を維持する動機がない」と上から目線で見下して批判していたスマホにゲームを供給する時点で信頼性はゼロとなっていましたので、もう過去の経営者の軽率な言動に縛られるだけ馬鹿らしいのかもしれません。

岩田聡 GDC講演内容|Nintendo
スマートフォンやソーシャルネットワークのプラットフォームの目的は、そのプラットフォームがつくられた目的もそうですが、私たちとは異なっています。
これらのプラットフォームには、ビデオゲームソフトの高い価値を維持する動機がありません。彼らにとっては、コンテンツは誰か他の人が作るものであり、彼らのプラットフォームにより多くのソフトを集めることが目標となります。より多くの量を集められればお金が流れるのです。量こそ利益の手段であり、価値は大した意味を持たないのです。