95743d0d7128eacf3d2ee97eda7efefa

2015年10月29日に任天堂の経営方針説明会が行われましたが、そこで年内にリリース予定とされていたスマホアプリの来年への延期が発表され、売りが殺到して株価が暴落する事態となっています。

任天堂が急落、スマホ向けゲームのサービス開始時期を来年3月に延期
任天堂 <7974> は急落し、午前10時54分に2360円(10.25%安)の2万650円を付けた。29日、ディー・エヌ・エー(DeNA) <2432> と共同で開発しているスマートデバイス向けゲームについて、サービス開始時期を来年(16年)3月に延期すると発表した。品質向上と事業全体の最適化を考慮したという。従来は年内を予定していた。17年3月まで5タイトル程度をリリースする予定に変更はない。

10月に任天堂の社長に就任したばかりの君島氏ですが、いきなり正念場を迎えることとなってしまいました。
DeNAとの提携によるスマホへ事業については、岩田前社長が方針を決定し、直接交渉やコントロールを行っていた負の遺産なので必ずしも君島社長の責任とは言えませんが、このまま投資家からの支持を失ってしまうことは避けたいところでしょう。
ここからどのように巻き返しを図るのか、君島社長の経営手腕に注目です。