431c6380d563bc69e931975fe07250d6

任天堂の君島社長が日経新聞のインタビューでMiitomo(ミートモ)やNXについて語っていました。

任天堂社長「8言語で100カ国以上に展開」 :日本経済新聞
 ――「ミートモ」から収益は上がりますか。

 「基本は無料でダウンロードしてもらう。その後でMiiに着せたい服装でこれが欲しいというのがあれば、選んで買ってもらえるようにする。ゲーム要素も用意する」
 ――新型ゲーム機「NX」の発売時期や成功の条件は。

 「来年説明できる。NXだから遊べるゲームを開発し、全く新しい体験を提供する

Miitomoは基本無料でアバターの衣装に課金するというありきたりなビジネスモデルのようです。
任天堂の将来が掛かった絶対に失敗できないスマホ参入第一弾ゲームが、ガラケー時代から手垢の付いたようなさして儲かりもしない陳腐な課金方式のコミュニケーションアプリだったのであれば、株価が暴落するのも無理はありません。
岩田前社長はスマホでの課金方式について「社内で議論を交わしてしっかり考える。開発者にはチャレンジさせ、アイデアも出てきている」と語っていましたが、あれは何だったのでしょうか。

2015年5月8日(金) 2015年3月期 決算説明会 - 質疑応答
キーワードとしては、「狭く深く」よりは「広く薄く」、すなわち「広く薄くお金を払っていただく方法をしっかり考える」ということが基本になると思います。ただ、一般的には「狭く深くの方が、広く薄くよりもこれまでうまくいっていた」と言われていますので、私たちは「その中の条件の何を変えたらその壁を越えられるのか」ということを考えています。これについては、実は社内でいろいろな議論があり、私は私でチャレンジのボールを開発者たちに投げていますし、開発者たちもさまざまな議論をしています。いくつかのアイデアが出ていますので、そういうものを順次展開していきたいと思っています。

また、NXについては「全く新しい体験を提供する」と述べるに留まり、具体的な内容については伏せられました。
もっとも、君島社長はNXの開発には関わっておらず、発売時には一年の任期を終えて退任している可能性もありますので、そもそもNXについては語る言葉自体を持っていないのかもしれません。