e8098f757abe9bf50a743a39896efb1b

先日発表されたPS4『蒼き革命のヴァルキュリア』の公式サイトが開設され、ティザートレーラーや多数のゲーム内スクリーンショットが公開されています。

蒼き革命のヴァルキュリア|SEGA公式サイト
多角的に描かれる戦争ドラマ、復讐の物語
復讐という私怨を胸に秘め、戦場のみならず、政治や経済など幅広い分野で活躍し、国をも巻き込む戦争を仕掛けた主人公たち、そして、目的遂行の最大の敵として現れる「ヴァルキュリア」の物語を描く。

緻密で鮮やかな画調で描く「GOUCHE(ガッシュ)」
Playstation 4のハイスペックだからこそ実現できる、❝緻密さ❞と❝鮮やかさ❞、そして独特な色使いをコンセプトとした新絵画風描画シェーダー「GOUCHE(ガッシュ)」。

RPGながら大軍戦を実現する「LeGION(レギオン)」
新たな❝戦場を体感できる❞バトルシステム「LeGION(レギオン)」は、レギュラーRPGの手触りのまま、大群との戦術的な戦いを楽しめる。

pict06

pict09
pict11
pict12
pict07
pict13
pict14
pict15

復讐に生きる男 アムレート
e0c72084ff54b4845bb91e19809d68b6

救国の歌姫 オフィーリア
94cd55ad1307ff6db4592e1b259bef23

不死のヴァルキリア ブリュンヒルデ
b73d75ab403a599622ecd90a6746e060

『蒼き革命のヴァルキュリア』ティザートレーラー映像 - YouTube
 
『戦場のヴァルキュリア』は絵画風の描画シェーダー「CANVAS」による美しいグラフィックが特徴でしたが、『蒼き革命のヴァルキュリア』の「GOUCHE」では、さらに色彩や陰影が豊かになっているようです。同じ絵画表現でも、色鉛筆から水彩画に変化したという印象です。

バトルシステム「LeGION」はまだ不明な点もありますが、前作のようなターン制のSRPGではなく、シュミレーション要素を持たせたリアルタイムのRPGとなっているようです。

『蒼き革命のヴァルキュリア』の発売は2016年冬で、2016年2月10日に発売される『戦場のヴァルキュリア リマスター』に体験版が付属します。
新しいバトルシステムなどはそこで明らかになりますので、まずは初代戦ヴァルリマスタを堪能しつつ、蒼ヴァルのバトルシステムをじっくり吟味し、開発陣に良い点悪い点のフィードバックを返すという構えで臨むことにしたいです。