psvr

PS VRはヘッドセットとプロセッサーユニットの2つの機器で構成されていますが、そのプロセッサーユニット側の情報がいくつか明らかになっています。

PlayStation VR's external processor revealed • Eurogamer.net
  • サイズは140mm×140mm×35mm。
  • 背面にPS4と接続するためのHDMI入力端子とUSBポート、テレビ出力のためのHDMI出力端子、電源入力
  • 前面にはヘッドセットと接続するための2つの専用端子
  • 12V3Aの電源ユニットを内蔵
  • 冷却ファンを持つ
大きさは大体3.5インチのHDDケースぐらいを想像しておけばよいでしょうか。
デザインはPS4っぽいものとなっており、2014年に公開されていたモーフィアスと呼ばれていた頃のデザインから変更されていることがわかります。
 

これがそのまま製品版の仕様やデザインとなるかは確定していませんが、来年上半期の発売を控えてハードウェア仕様はほぼ固まっているものと思われます。

このプロセッサーユニットはレンズに合わせた歪み補正処理やテレビへの2画面出力を行うためのものですが、将来的に4KのPSVRが必要となったときに、プロセッサーユニットに2K→4Kへのアプコン処理機能を持たせるだけで対応できるといった将来を見据えたものでもあるのかもしれません。