Screenshot_12

PS4 Virtual Reality Headset Has Strongest Games Lineup, GameStop CEO Says - GameSpot
Speaking today at the ICR Conference 2016 in Orlando, GameStop CEO Paul Raines talked more about the retailer's thoughts on one of the biggest trends of 2016: virtual reality.

Overall, Raines said GameStop is optimistic for the future of VR, hoping to work with the device's creators to sell the headsets, as well as their games and accessories, in GameStop's network of stores around the world.

Raines said he wouldn't be drawn into a conversation about the quality of the three major headsets, instead saying Oculus Rift, HTC Vive, and PlayStation VR all look great. The bigger consideration for GameStop, Raines said, is the breadth of content that will be available. In that regard, Sony has the edge.

"The more important thing will be the title count at launch," Raines said. "I think that's going to be big. And from what we can see at this point, Sony seems to have the strongest title count.”
[抄訳] 
本日のオーランドでのICRカンファレンスにおいて、GameStopのCEOであるPaul Raines氏は2016年の最大のトレンドであるVRに対する小売の考えについて語りました。

全体としてRaines氏はGameStopがVRの将来について楽観的であり、世界中のGameStopのネットワークでゲームやアクセサリーと同じぐらいVRヘッドセットが売れるようにデバイスの作成者が働いてくれるように期待していると語った。

Raines氏はOculus Rift、HTC Vive、PS VRの主要な3つのVRデバイスの品質については多くは語らず、すべてが優れている と言いました。GameSpotが気にしているのは利用できるコンテンツの量であり、その点でソニーが優位であるとRaines氏は語りました。

「より重要なのはロンチ時のタイトル数だ」とRaines氏は語りました。
「それは大きなものになるだろう。そして現時点で見る限り、ソニーは最強のタイトル数を持っている」

小売の立場からすれば、細かいハードウェア使用の違いよりも、ロンチ時にどれだけソフトラインナップを揃えられるかが重要だということのようです。
PS VRはRigs、London Heist、Drive Club、GT Sportsといった自前のファーストタイトルに加え、鉄拳7やエースコンバット7などのコンシューマーゲームのおまけモード的なVRコンテンツが比較的揃いやすいのが強みですね。

デモが大きな話題を呼んだサマーレッスンはまだ製品化が決定していない様子ですが、ロンチ近くで出てくるようなら大きな武器になりそうです。
個人的には、Noman's SkyはVRに向いていると思うので、ぜひ対応してほしいところです。