c43520def34e674bd80de4e281ef84ed

任天堂の2016年度の事業計画において、Wii Uの販売台数がわずか80万台であることが明らかになりました。先日、日経新聞や日本テレビを始めとした複数の大手メディアがWii Uの撤退観測について報道していましたが、それが事実として裏付けられた格好です。

2016年4月28日(木) 決算説明会
38l

17年3月期のWii Uの生産・出荷の方針についてお話しいたします。17年3月期のWii Uの生産・出荷数は、16年3月期に比べ大きく減少する見込みです。新ハード「NX」への移行に伴い、総合的な需要予測等を踏まえ、80万台の出荷を予定しています。

全世界の販売台数が年間80万台ということは、事実上の撤退と考えてよいでしょう。
ソーシャルメディアなどでは「Wii Uが撤退するはずはない!マスコミの報道はデタラメ!」と根拠もないデマが飛び交っていたりもしましたが、そうしたデマを垂れ流していた人達にはきっちりと反省してもらいたいものです。