afe9d89de1ebb2104bfa676df3da97e1

朝日新聞による任天堂の君島社長へのインタビュー記事が公開されています。

「ゼルダ」映画化の可能性は? 任天堂・君島社長に聞く:朝日新聞デジタル


映画などの映像ビジネスに手を出したい
――映像ビジネスというのは映画ですか。
 「代表的なのは映画ですが、ビデオをつくっていろんな国に出すなど、いろいろビジネスはあると思うんです。いま、いろんなパートナーと話をしています。そんなに遠くない時期に、何らかの形で確定し、やっていきたいです」

スマホとの連携対象は3DS
「これまでもスマホゲームは、ゲーム機向けのゲームとの相乗効果を狙って開発しますと申し上げていて、これを実現したい。任天堂だからこそできることだと思います」
 ――そのゲーム機は、ニンテンドー3DSですね。
「販売台数の累計を考えて、ご想像いただいても間違っていないと思います」

発売時期が年末商戦に間に合わないのはソフト開発の遅れのため
――発売時期は2017年3月で、今年の年末商戦には間に合いません。遅くないですか。
 「ソフトの開発状況にあわせたためです。3月発売と言っても、最初のゲームを遊び終わった方は、春に、夏休みに、クリスマスにと次々にソフトを買いたくなってくる。ハードの発売時だけではなく、その後も考えてソフトのラインナップを組み合わせないといけないんです」

NXはWii Uよりはインパクトがある
――3DSが影響を受けないのは、NXがWii Uと同じ据え置き型だから、というふうにも聞こえますが。
「そう捉えられやすいですね。でもNXはWii Uの後継機でも3DSの後継機でもない、と言っています。新しい遊び方が出てくるので、今のWii Uよりはインパクトがあるとは思いますが、Wii Uの代替ですかと言われると違います」 

3DSやWii Uの後継機ではないと言っていますので、3DSやWii Uとの互換はなさそうです。また、据置機であることは否定しておりませんし、比較対象もWii Uですので、やはり据置機であるようなニュアンスを感じます。
スマホとの連携対象となるハードが3DSであると明言していることもヒントになるかもしれません。

また、マリナーズを売却した資金で映画に手を出すということも言い出しています。
今の任天堂に必要なことはソフト開発や研究開発に全力を上げ、1000億円単位のコストを掛けてでもまともなネットワークを構築しすることだと思ってしまいますが、君島社長には毛根がない、もといその気は毛頭無いようですね。