1905218_0

【ビジネスの裏側】任天堂NX“出し惜しみ” 肩すかし食らったマスコミ、市場での“出遅れ感”は否めず(1/4ページ) - 産経WEST

君島社長はこれまで、NXの発表について今年の「早い時期に」と語っていた。ファンの間では、米ロサンゼルスで6月14~16日に開催されるゲーム見本市「E3」に出展するとの見方も強まっていた。E3には毎年、世界中から業界関係者や報道陣が集まり、特に米国というゲームの巨大市場に訴えるには好適な場所とされているからだ。
君島社長はそうした予想を覆し、「今年のE3では(人気ソフトの)『ゼルダの伝説』の最新作に焦点を当てます」と説明した。6月に向けて意識を集中させていた記者たちは肩すかしを食らった。
(中略)
現行の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の場合、「年末商戦を外した23年2月に発売したことが苦戦につながったのでは」との見方もある。クリスマスから年末の「ホリデーシーズン」がゲーム業界のかき入れどきだからだ。
それでも、NXは少なくとも「年末までにソフトがそろわない」という事情があるようだ。

君島社長は2016年2月には今年の遅くない時期に発表すると言っていましたので、その時点ではE3までに発表するつもりだったのでしょう。ソフト開発スケジュールが思った以上に遅延しているのかもしれません。

任天堂、4~12月の純利益32%減 為替差益が減少:日本経済新聞
今年発表予定の新型ゲーム機「NX」については、「発表は今年のそれほど遅くない時期」とだけ述べ、中身等の具体的な言及は避けた。

2月発売となった3DSは発売半年にも満たずにアンバサに追い込まれましたし、市場最速ペースで売れているPS4でさえ2月発売となった日本では売上に火が付くのに時間が掛かりましたので、ロンチがホリデーを外すことにメリットはありません。

任天堂の社運を賭けた絶対に失敗できないハードであるNXですが、万全の体制で臨むどころかいきなり大きなハンデを背負う形になってしまいました。ただ、今期の会社計画の数字を作るために2017年3月発売予定としているだけで、実際は間に合わないだろうという見方もありますので、「さらなるクオリティアップ」とか言いつつ2017年のホリデーの発売となる可能性もあるような気もします。