maxresdefault (8)

ポケモンGO事故で死者 全国で2例目、愛知 - 産経WEST
愛知県春日井市で11日夜、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしながら運転していた岐阜県土岐市の20代の男性会社員の軽乗用車が、20代女性をひく事故があり、25日に女性が死亡していたことが26日、春日井署への取材で分かった。

先日、徳島で国内初のポケモンGOプレイヤーによる殺傷事故が発生しましたが、今度は愛知県で同様の痛ましい事故が起きてしまいました。

屋外で動き回りながらスマホをいじるゲーム仕様である以上、このような事態は十分予見できたはずですし、実際に事故が起きても運営は何の動きも見せていません。人命よりも目先の金が大事という企業姿勢に批判も高まるばかりです。

ポケモンGOには任天堂の前社長である岩田氏が深く関わっていたという報道もありますが、これではあまりにも浮かばれません。

亡き岩田・任天堂前社長の思い託した「ポケモンGO」 すべてはナイアンティックへの出資で始まった (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」は、2015年に亡くなった任天堂の岩田聡前社長が深く関わったゲームだった。「ゲーム人口拡大」を掲げた経営者の思いが、スマートフォンを生かしたゲームとなって結実した。

 「岩田さん、ようやくここまで来ました。どうか空からどれだけの人々が外へと飛び出していくか、見ていてくださいね」。ポケモンGOを開発したナイアンティックのアジア統括本部長、川島優志氏は8日、岩田氏へのメッセージをウェブサイトに書き込んだ。