1b75c920-0094-4a35-a892-90d34b6291b0

ポケモントレーナーの迷惑行為が社会問題となっていますが、その原因となった運営に対してついに警察当局からの指導が入ったようです。

ポケモンGO 警視庁改善要請 - NHK 首都圏 NEWS WEB

日曜日だった今月18日の午後、東京・港区のお台場を管轄する警視庁東京湾岸警察署に「道路上に人があふれ危険だ」などといった、110番通報が相次ぎました。
パトカーが急行すると、スマートフォンを手にもった人など数百人が集まっていて、現場で撮影された動画には警察官の注意を無視するように車道に飛び出したり、信号無視をしたりする状況が映されています。
当時、現場にいた人によりますと「ラプラス」という「ポケモンGO」の珍しいキャラクターが付近に出現し、それを捕まえようと大勢の人が熱中し、異様な雰囲気だったということです。
これを受けて東京湾岸警察署は20日、ゲームの運営会社側を呼んで協議し、キャラクターの出現場所の設定などの改善を求めました。

ポケモンGOは特定の地域にレアポケモンを配置し、プレイヤーを集中させることによって話題作りを狙うという運営方針ですが、マナーの悪いポケモントレーナー達にたむろされては地元民ではたまったものではありません。
ただ、それをやめてしまうとオワコン感を緩和することもできなくなるので、運営は警察の指導を無視→本格的な規制へという未来がなんとなく見えてきます。